おそばの料理レシピ
本物のおそばとは...
そばの美味しい打ち方
  社内のご紹介
  カタログ請求
●商品販売ページ
 生冷凍そば
 乾そば
 セット商品・その他
 
 
 
 
 水回しのポイント1
手こね鉢又は大きめのボールを用意して、200gのそば粉に対してお湯130cc又は水150ccを用意し約半分ぐらいのお湯又は水を入れて、そば粉になじませて下さい。
山形にまとめて中央にくぼみをつくり、水を控えめに注ぐ 両手を外から内に、内から外に円を描くように動かす。手のひらと指を全部使って、そば粉を回しながら、水をなじませる。

 水回しのポイント2

水を吸ったそば粉が引き合い、粒子が粗くなってくる。
残りの水を2〜3回に分けて水を足し全体になじませる。
かたまりができてきた状態
手と目で確かめながら、慎重に水を足していく。
 
 
 そば粉をくくる
手こね鉢に残ったそば粉をくっつけて、まとめる。 生地を少しずつ回しながら体重をかけて10分間練り、空気を抜いてツヤを出す。
 
   
 
 均一にのす
そば粉を手の ひらで押しつぶす。 生地を一定方向に回転させながら、徐々に平たくする。
時々打ち粉をふりながら、めん棒を押すのではなく、回転させる、同時に右の手を左側に軽く動かす。これをくり返し、全体を均一にのす。
 うすくのす
生地が乾くとひびが入り、生地が切れるので乾燥しないように、こまめに打ち粉をふって下さい。
生地を全部めん棒に巻き込み、トントンと転がして角をつくる。
 
 
 生地をたたむ
(1)手前から1/3を折り返す。 (2)向こう側の1/3も折り返す
 
   
 
 細かく切り分ける
まな板を押さえる手の人さし指と、包丁を持つ手の人さし指が同じ位置にあるように。
 
 
トップページそばレシピそばの種類そば打ち体験会社案内カタログ請求
   〒381-0022 長野市大字大豆島字樋掛け3893-11 
 TEL 026-222-3350 FAX 026-222-3220  E-Mail:yamasho@avis.ne.jp